日本語学校なら東京 浅草橋駅徒歩1分の東京インターナショナル外語学院へ:東京都台東区浅草橋1-31-10

TILAの教育理念と教育方針

東京インターナショナル外語学院
校長 鈴木恵一朗

「教育理念」留学してよかったと実感できるのは自分の目的を達成できたときです。大きな夢を持って日本に来てください。私たちは、その目的を実現できるよう「日本語学習」はもちろん目的達成への助言をしていきます。
そして、その目的は日本語の上達で実現により近づくはずです。留学生の夢の第一歩は「日本語能力」なのです。
とりわけ日本語教育については 創意工夫及び質の向上に努め、 親切丁寧な教育指導をしていきます。

また、日本での成功を前提にするのであれば、 健康管理に配慮し、日常の生活指導や 日本文化及び習慣習熟の機会を与えることにより 日本社会に順応できることも重要であると考えます。

私たちは日本語教育のみならず 人格の陶冶すなわち 母国から信頼されるような、また日本との架け橋となれるような 人材育成が最終目標であると考えています。

「教育方針」読む・聞く・話す・書くの4技能をバランス良く修得していくことにより それぞれがより大きなスパイラルを生むよう日本語力を高めていきます。
まず、基礎となる初級からしっかり文法を修得し、 【話す・聞く】ための語彙と、【読む・書く】ための漢字を毎日学習していきます。 特に漢字学習は、書くことで正確に覚えられるよう 初歩の段階から一画一画丁寧に指導します。
同時に、国籍によって特徴のある発音の矯正も行っていきます。 中級では、TPOに合わせた敬語が使いこなせるよう 言葉だけではない文化的背景も学習していきます。
上級では、日本人の考え方や日本社会を理解した上で普通に会話ができるよう 総合的に日本語力を磨いていきます。

また、自分の日本語能力を測定判断するための 日本語能力試験も大事にしていきたいと考えています。 卒業までの2年間でN1が合格できるようなカリキュラムが組まれています。
最近、日本ではグローバル化が進み、中小企業でさえ直接現地の企業と取引することが増えました。
その中で、日本への留学経験があっても、 書類の日本語訳ができない、会話はできても文字が書けない、そのため日本語でのメールのやりとりができない、 そのような人も数多くいます。
また、商習慣の違いから約束や時間を守らない等のミスコミュニケーションも多々生じています。
こうしたことで信用をなくし、新しいチャンスが生まれなくなっていきます。
我々は、留学生が将来日本であっても母国であっても、 日本と直接やりとりをしたり、日本企業で働いたりするときに困らないよう 日本語教育のみならず、社会の常識を教育し、理解を深めていきます。
どこにいても自信をもって日本人と日本語で意思疎通を測りながら仕事ができる、 そのような人材育成を最終目標にしたいと考えています。

東京インターナショナル外語学院
校長 鈴木恵一朗

TILAのスタッフ紹介

TILAには学生を支えるスタッフがおります。