日本語学校なら東京 浅草橋駅徒歩1分の東京インターナショナル外語学院へ:東京都台東区浅草橋1-31-10

カウンセリング3本の矢

1: 勉強で困ったことや進学の相談は講師が。

2: 生活に必要な相談は事務スタッフが。

3: 留学や人間関係の悩みや不安は全て心理士が、学生の言葉に耳を傾けてくれます。

「日本語に関係なくてもいいんです!」TILAには資格を持ったプロの「メンタルケア心理士」が常駐しています。

1: 勉強で困ったことや進学の相談は講師が。
2: 生活に必要な相談は事務スタッフが。
そして3: 留学や人間関係の悩みや不安は全て心理士が、学生の言葉に耳を傾けてくれます。

この強固な「カウンセリング3本の矢」で学生をがっちりサポートしていきます!もちろん聞くだけではなく、きちんとアドバイスをしてくれますから、何でも相談してみましょう!

TILAの生活サポート : http://blog.tokyo-inter.jp/blog/category/生活サポート

メンタルケア心理士のコメント

私はスポーツが大好きです!恋愛の話も大好きです!
歴史の話も大好きです!お酒の話ももちろん大好きです!
みなさんはどんな話が好きですか?
好きなことの話をしている学生の顔はとても輝いています。「あれもこれも話したい!」という願望に満ち溢れた学生達の顔が私は大好きです。

カウンセリングをしていると、最初は本当に悩んでいてあまり話したがらない学生でも、だんだん、「あれも聞いてほしいこれも聞いてほしい」という気持ちになっていき、最終的には笑顔で話してくれるようになります。私がアドバイスをする前に、学生達は自分の力で笑顔を取り戻し、また学校に来てくれるようになります!

もちろん、日本語じゃなくてもかまいません。とにかく思っていることを音にして外に出してみてください。それを理解するのはみなさんの仕事ではありません。私の仕事です。ですから気を使わないでください!

日本語の勉強は大変です。本当に難しいです。それを思っているだけじゃなくて、言葉にして私に聞かせてください。それも恥ずかしかったら紙に書いてください。きっとその後は笑顔になれますから!

「言葉は気持ち」です。

ちなみに、日本語教師として10年授業をしていますが、当然、授業にも行動科学や心理学を応用しています。また、私は文法を教えるとき、その「機能」と一緒にそれを使うときの日本人の「心理状況」も一緒に教えて、学生に感じてもらっています。